來間屋生姜糖【來間屋生姜糖本舗/出雲市】

1715(正徳5)年、來間屋文左衛門(くるまやぶんざえもん)が、雲州・平田(現・出雲市平田町)で地元・出西(しゅっさい)特産の生姜(しょうが)を用い、試行錯誤を重ねて誕生した「風流珍味の菓子」が、「來間屋生姜糖」。砂糖に生姜を混ぜて練り固めた、滋味あふれる菓子というわけです。空港では米子空港売店で取り扱っています。

生姜糖を手にする來間久社長

生姜糖を手にする來間久社長

出西生姜がなければ、生姜糖は生まれなかった!?

來間屋文左衛門は、試行錯誤の結果、出西産(現・出雲市斐川町出西地区)の生姜に勝るものはなく、一子相伝でこの製法を守り、文化年間(1804年〜1818年)に第11代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)に献上して有名になったのだという。

「出西生姜(しゅっさいしょうが)がなければ、來間屋の生姜糖は生まれませんでした。それほど出西生姜のパワーには脱帽させられます。ウチでは秋に採れる(収穫期は8月~10月頃)『古根』と呼ばれる生姜のみを使っています」と語るのは、当主の來間久さん。

來間久社長が、アッパレという出西生姜、硬い繊維質が少なく、ピリッとした辛みと上品な香りが特徴の高級生姜。
「普通の生姜は繊維が多く、煮ても完全に溶けず、しかも生姜特有の昧も香りも減ってしまいます。それに比べて、出西生姜は繊維が非常に小さく、完全に溶けてしまう上に、独特の甘みと芳香を保つんです」(來間久社長)。

高級な生姜ゆえに高級料理店など重宝されますが、他県産の安い生姜に押されて一時期は生産農家が激減するという危機も。地元ブランドの見直しが図られ、「出西生姜組合」が結成されて、希少な生姜の生産が守られています。

これが出西生姜

これが出西生姜

パッケージもレトロで、昔のまま!

そんな希少な出西生姜を使った「來間屋生姜糖」、製法にもこだわりが!
まずは、炭火で生姜の絞り汁と砂糖を溶かし、そして銅製の型に流し込みます。
「昔から製法は変わっていません。生姜汁を煮詰めすぎるとカラメル状になりますし、足りなければ固まりません。ここは、経験が頼りですね」と、來間久社長も手作りゆえの難しさに苦笑いします。

生姜糖は、比較的ポピュラーな和菓子ですが、生姜独特の風味を活かし、そして保存が効き(梅雨時にも変質しない)、しかも滋味あふれるものは、「來間屋生姜糖」だけ。全国を取材するプレスマンユニオン取材班が、イチオシ!する生姜糖です。

喉の痛み止め、咳止め、そして身体を温かくするのに取材班も愛用の逸品が「來間屋生姜糖」というわけなのです。

來間屋生姜糖本舗

來間屋生姜糖を楽天市場で購入するならこちら(レビューの評価が高い順)

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!