風丸農場「農家が干したりんご」

世界自然遺産の白神山地を有する青森県西津軽郡鰺ヶ沢町。白神アグリサービスの運営するブランドが風丸農場です。

201509221501

訳ありのりんごが干しりんごに変身

白神アグリサービスは、平成15年に市民出資型の風力発電用風車を設置。平成20年には地元農家の雹(ひょう)害を受けたりんごを「干しりんご」に加工。これが「農家が干したリンゴ」となるわけですが、平成21年の発売時に確立したブランドが風丸農場というわけです。

ちょっとだけ傷ついたりんご、形が不格好なりんごなど店頭に並ばない訳ありのりんごを活用。
青森りんごの皮をむいてからくし形に8等分し、低温でじっくり乾燥させた「干しりんご」が「農家が干したリンゴ」。1袋に生りんご2~3個分相当の70g入っています。皮をむくのも手作業。
「作業行程中のりんごの変色を防ぐために、1%以下の薄い塩水につけていますが、保存料などの添加物はゼロ」(白神アグリサービス)とのこと。

◇白神アグリサービス【農家が干したりんご(ふじ)70g】

価格:
620円

(2015/09/23 10:38時点 )

感想:6件

◇白神アグリサービス【農家が干したりんご(王林)】70g

価格:
620円

(2015/09/23 10:39時点 )

感想:1件

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!