程野商店「松山あげ」(愛媛県松山市)

「松山あげは美味しいから試してごらん」。愛媛県の人に「松山あげ」のことを尋ねると異口同音に返ってくる答えが、コレ。
そんなに美味しいなら、試してみようと、「香川・愛媛せとうち旬彩館」で入手したのが程野商店の「松山あげ」です。

程野商店・あげ

明治時代に創業の程野商店は「松山あげ」専門店

程野商店(愛媛県松山市高岡町)は、明治15年創業の老舗。創業者・程野兵次郎が妻・サトと結婚したのと同時に、店を開き、夫婦であげの製造を始めました。サトの実家は、松山で初めて貨物運送を手がけた川田商店。川田商店ではすでに干油あげ(現在の松山あげ)をつくっていたとのことで、程野兵次郎は、川田商店から干油あげの製法を学び店を開きました。

そんな干油あげですが、松山あげという名前になったのは昭和39年のこと。
程野商店3代目が「干したあげと間違えるから・・・」ということで「松山あげ」と名付けたのです。
つまりは、程野商店の干油あげ=「松山あげ」というわけなのです。

松山あげ」は、豆腐を3ミリほどにスライス。ギリギリまで圧縮して水分を取り除き、菜種油で揚げたもの。
常温保存で90日という驚異の日持ち。
さらに調理する際の油抜きも不要というスグレもの。
味噌汁に入れるのもパリッと割ればそれでOKというわけです。

郷土料理「松山あげ丼」をつくってみた

程野商店のホームページを参考に、松山あげ、タマネギ、卵、米、だし、醤油、みりんを材料に郷土料理「松山あげ」をつくってみました。
鍋に、タマネギ、割り下を入れて、火にかけ、一口大に切った「松山あげ」を鍋の上にしきつめ沸騰させます。

沸騰したら全体に卵を流したらできあがり。親子丼の揚げバージョンですが、油っぽくない「松山あげ」だけにしつこくなくてヘルシーです。

程野商店「松山あげ」 「松山あげ」あげ丼

「松山あげ」をYahoo!ショッピングで購入する

「松山あげ」をAmazonで購入する

「松山あげ」を楽天市場で購入する(価格の安い順)

程野商店 松山あげ きざみ45g

価格:
218円

(2015/09/23 10:35時点 )

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!