すずみそ醸造場「なんでもみそ」は「どえりゃーうみゃー!」

愛知県西尾市東幡豆町にある「すずみそ醸造場」の「なんでもみそ」はそのままかけて、食べられる便利な調味みそ。柔らかく溶けやすいので焼く、煮る、炒めるなどにも使える「万能みそ」なんです!
すりゴマやマヨネーズなどと合わせてアレンジすれば、手軽につけだれやドレッシングにも使えます。

なんでもみそ

愛知のみそは八丁みそだけじゃない

愛知県でみそといえば赤みそ。有名なのが八丁みそですが、名古屋の人に言わせれば「あれは、岡崎のみそだがね」。岡崎は旧三河(みかわ)国。名古屋は尾張(おわり)の国で、国が違うというわけです。余談ですが、「三英傑」のうち、信長と秀吉は尾張の人。家康は三河の人です。

「すずみそ醸造場」は、八丁みそと同じ、三河のみそ。三河湾に面した三ヶ根山の麓、西尾市東幡豆(ひがしはず)町で醸されています。
昔ながらの木桶、手造りでみそ、たまり醤油(みそだまり)を製造販売。原料には良質の丸大豆を使い、天然水で仕込み、15ヶ月かけて自然熟成させるというこだわり。
当然、化学調味料などは一切使用していない無添加みそです。
みそにうるさい名古屋の人もこのみそを使えば「うみゃー!」とうなること間違いなし、というわけです。

なんでもみそ

料理を生かすみそには秘密がある!

みそは、一般に仕込みの際の「みそ玉」を大きくすると熟成に時間がかかり、小さくすると早く熟成します。

たとえば、有名な八丁味噌の場合はこぶし大の「みそ玉」で仕込みで熟成期間は2年〜3年。
すずみそ醸造場では、「バラ麹」と呼ばれる豆一粒一粒に麹をつける一番小さい「みそ玉」で仕込むので、当然発酵速度は早くなります。その分、あっさり淡白なみそに仕上がっているのです。
料理の素材の味を消すことなく、引き立たせる淡白なみそといいうわけです。
なんでもみそ

使って実感の「万能みそ」

田楽や焼きなすなら、料理にそのままつければOK。ロースカツにかけるだけで、名古屋飯でおなじみの「みそカツ」に。「うみゃー!」
豚肉とキャベツをフライパンで炒めて味付けすれば、簡単、回鍋肉(ホイコーロー)のできあがりです。和えもの、野菜炒め、湯豆腐、冷やっこ、もつ鍋、みそ鍋、みそチャーハン、さばのみそ煮、みそ焼きおにぎり、どて煮。などなど、用途は多種多彩です。「うみゃー! うみゃー!」
ハンバーグのみそかけ、あさりのみそ焼き、しゃぶしゃぶのつけだれなど、「なんでもみそ」は、工夫次第で料理のレパートリーも広がります。まさに「なんでも」という名前の通りです。「どえりゃーうみゃー!」

DSCN1882

「なんでもみそ」を使えば回鍋肉(ホイコーロー)も実に簡単! さらにニンニクとごま油を加えれば中華風になります。

「なんでもみそ」で回鍋肉

「なんでもみそ」は、こだわりの豆みそに酒、みりん、砂糖を加えた調味みそ。もちろん、保存料、化学調味料などを一切使っていません。

「なんでもみそ」を楽天市場で購入する

すずみそ醸造場すずみそゴールドをAmazonで購入する

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!