北前船がもたらした越前三国の「酒まんじゅう」

越前三国(福井県坂井市三国町)で、海の幸に並び有名なのが「酒まんじゅう」です。もち米と糀(こうじ)で自然発酵させた「酒まんじゅう」は、ほんのり甘酸っぱい皮と、上品に練り上げたこし餡、ほのかな酒の香りが魅力です。

北前船が運んだ琉球の砂糖が鍵!

三国酒まんじゅう
江戸時代から日本海交易の北前船寄港地として栄えた三国湊。酒まんじゅうが誕生したのもその頃で、蝦夷地の昆布などを運んだ帰り船で琉球(沖縄)からの積み荷として砂糖などが運ばれたことが重要な要素。

製法は中国から伝わったとも、北前船の船頭たちが伝えたとも諸説がありますが、その美味しさが評判となって、三国湊には数軒の酒まんじゅうの店「酒万寿や」が誕生しました。
三国酒まんじゅう
三国の「酒まんじゅう」はもち米と糀(こうじ)で甘酒を造り、それを熟成させ、酒の香りが強く出たところで小麦粉を加え、さらに発酵熟成させた種に、充分練り上げたこし餡(あん)を包んで蒸した本格派。

三国酒まんじゅう
越前三国の酒まんじゅう屋は、それぞれの店のオリジナルの焼き印があります。三国芦原電鉄の福井口〜三国町(現在のえちぜん鉄道)の開通した昭和4年の頃。三国に海水浴客が押し寄せていた昭和30〜40年代にはピークを迎え「当時は25軒前後あったと聞いています。今は6軒になりました」(にしさか3代目の西坂優さん)。
三国酒まんじゅう
大正10年に創業の「にしさかの酒まんじゅう」には、創業者、西坂長次郎の一字を取り、「長」の焼き印が付つけられています。本来は冠婚葬祭用に配る引き出物で、店が大忙しになるのは、祭りや結婚式の多い春や秋。
今でも毎年5月19日、20日、21日の3日間開催される北陸三大祭『三国祭』(三國神社例祭)の時にはまあに行列状態になります(北陸三大祭=石川県七尾市・青柏祭、富山県高岡市・御車山祭、福井県坂井市・三国祭)。
「北前船で財を築いた豪商たちが婚礼や祭りなどで振る舞って発展したんです」と、店の主人は口を揃えます。
「婚礼時に今でもまんじゅうを蒔くのですが、これも当然酒まんじゅうです」
北前船の寄港地である富山や高岡にも酒まんじゅう屋があり、酒まんじゅうは北前船がもたらした文化のようです。
三國祭

三国酒まんじゅう

昔ながらの製法でつくるため、硬くなりやすいのが難点。
「硬くなったら天ぷらにすればOKです」
なーるほど。試してみますか。

にしさかの酒まんじゅうを楽天で購入するならコチラ(価格の安い順)

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!