福井県民に愛される「谷口屋のおあげ」

日本最古の天守閣を誇る城下町・丸岡(福井県坂井市丸岡)の「谷口屋」は大正14年創業の高級豆腐の老舗です。
創業以来変わらない伝統の製法で作られた「谷口屋のおあげ」は、まずはその大きさと美味しさに驚かされます。秘密のケンミンSHOW(読売テレビ)で紹介され話題になりました。巨大な油あげ「谷口屋のおあげ」は縦横約14cm。

2015070424

1枚あたり約1時間かけてじっくり揚げる!

厚みも4cm以上なので厚揚げ? いえ、正真正銘の油揚げです。
伝統の技を受け継いだ「揚げ師」と呼ばれる熟練の職人が、1枚あたり約1時間かけて、揚がり具合をみながら100回以上も手作業でひっくり返し、じっくりと揚げている油あげなのです。フランスパンのような切り口は、そのワザがなせるものだったのです。

谷口屋のおあげ

さらに、大きさだけでなく、美味しさにも折り紙付き。
なぜなら、美味しい油揚げを作るためにこだわりぬいた材料や素材を使っているから。

谷口屋のおあげ

厳選された豆は国産大豆(フクユタカ、福井産エンレイ)、にがりは越前の海で夏場に採取された天然にがりを貯蔵し、ひと冬越させた「越冬にがり」のみ。水は、霊峰白山の伏流水を地下50mから汲み上げる白山禅定の清水(はくさんぜんしょうのせいすい)」。揚げ油はカナダのオーガニックアイランドとも呼ばれる「プリンスエドワード島(PEI)」で栽培された菜種油。と、まあ、徹底したこだわりです。
谷口屋のおあげ

福井県の「アンテナショップふくい291」に隣接する「ふくい、望洋楼」では下の写真にあるようにシンプルにグリルで焼いて提供しています。

2015070422

谷口屋のおあげ」を袋から出して、そのまま食べても美味しいですが、フライパンで油を引かずに焦げ目が付くまで焼いて味わえば、外はカリカリ中がしっとりの「揚げステーキ」のできあがり。薬味をのせて醤油やポン酢で、どうぞ!

谷口屋のおあげ

坂井市丸岡観光協会事務局の辻雄大さんに教えていただいた地元での食べ方は、
「炊きたてのご飯に刻んだ油揚げ、生卵をのせ、醤油や薬味で食べる揚げ入り卵かけご飯。これが絶品なんです」。

辻さんによれば、谷口屋は、福井県と石川県の県境、旧竹田村(坂井市丸岡竹田)という山に囲まれた自然豊かな地域にあります。福井県はもともと親鸞聖人の教えを今に伝える地で、先祖を偲ぶ「報恩講」の昼食のメニューにも欠かせなかったのがこの油揚げ。お盆や正月、冠婚葬祭時にだけ作るご馳走メニューとして油揚げ文化が根付いたのです。

日本一豆腐づくりが盛ん(豆腐類を作る事業所数・人工10万人当たり4.84箇所)な福井県は、「男女ともにトップクラスの長寿県」でもあるので、油揚げが長寿に一役買っているのかも知れません。

谷口屋のおあげ

谷口屋のおあげ
福井県坂井市丸岡上竹田37-26-1
谷口屋
レストランも併設。揚げたて油揚げや「谷口屋のおあげ」を使ったアレンジ料理を味わうこともできます。

楽天で購入するならコチラ(価格が安い順)

谷口屋のおあげ

価格:
560円

(2015/09/23 17:47時点 )

感想:8件

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!